伝統工芸士|豊島区伝統工芸保存会

流線
“Ryusen”

金工 Kinko (metalcraft)
 伝統工芸士リストページへ戻る

渡部 隆【号:流線】
Watanabe Takashi (Ryusen)

20歳から銀器メーカーの制作部に10年5ヶ月ほど勤務し技術を磨く。さらに工芸士や下町の職人に3年ほど師事。2010年に独立して池袋に工房「流線」開業。第9回全日本金銀創作展グランプリ「経済産業大臣賞」、第40回〜第42回伝統工芸日本金工展3年連続「入選」、2010年伊丹国債クラフト展「入選」、2009〜2014年パールジュエリーデザインコンテスト「入選」3回、ほっと計画委員会特別賞2回

●お問い合わせ Address and telephone
114-0023 北区滝野川5-10-6
5-10-6, Takinogawa, Kita-ku
TEL & FAX 03-6903-5989

渡部 隆氏

渡部 隆氏

打込象嵌花器
Flower vessel with inlaid decoration

打込象嵌花器
Flower vessel with inlaid decoration

打出文様の銀器
Silver containers and bottles

打出文様の銀器
Silver containers and bottles

打出文様の銀器
Silver containers and bottles

打出文様の銀器
Silver containers and bottles

打出文様の銀器
Silver containers and bottles

打出文様の銀器
Silver containers and bottles

純銀打出リング
Silver rings

純銀打出リング
Silver rings

シルバーペンダント
Silver pendants

シルバーペンダント
Silver pendants

モチーフのピンズ
Pins

モチーフのピンズ
Pins

作家から一言 Comment from the craftsman

江戸の街の片隅で響いていたであろう金鎚の音。そんな鎚音の聞こえてきそうな作品をお届けしたいと思っております。
The hammering of metalworkers once sounded at small corners of the city of Edo. I hope to create works through which one can feel hearing such sound.

作品の種類 Types of craft

金工 Kinko (metalcraft)

金工とは、彫金、鋳金、彩金などの金属工芸の総称です。金、銀、プラチナ、銅、黄銅、赤銅、四分一などを用い、鏨(タガネ)、当て金、金槌など多くの道具を自作して使用します。
Kinko is a general term for metalcraft made with different techniques including chasing (chokin), hammering (tankin), casting (chukin) and finishing with gold decoration (saikin). Gold, silver, platinum, copper, brass, shaku-dou and shibuichi alloys are often chose as materials. The craftsmen make own tools, many different kinds of them, including chisei, hummer and metal block for backing to suit their own practice.

作品の特徴 Special features

老若男女がお使いいただけるように、現代の生活に合ったモダンで流れるような自然な形を求めて制作しています。鎚目を綺麗に残すことで自然な光の反射が生まれ、手作り感をより感じていただけます。
I intend to make places with modern flavour in organic form to suit contemporary lifestyle on men and women of all generations. The clean hammered pattern, that is deliberatery left on the surface, creates natural reflection of light and enhances hand-made feel.